黒ずみとホルモンバランスの乱れ

お尻は普段だとあまり人に見られる機会の少ない部分ですが、夏場になって海水浴などに出かける機会が増えてくるとお尻の露出部分も増えてくることになり、その際にお尻の黒ずみが目立ってしまうとせっかくの水着も台無しになってしまいます。

お尻の黒ずみが見られる原因の一つにホルモンバランスが崩れてしまうことがありますが、特に女性はホルモンが崩れやすい特徴があり、生理や出産、妊娠など女性特有のイベントによってホルモンの乱れが生じます。

ホルモンの乱れはお尻の黒ずみだけでなくさまざまな全身症状を伴うこともありますが、精神的に不安定になりやすいことや感情的になりやすいこと、他にも便秘や冷え性などもホルモンが関係していることがあります。

boiemser

そのため、お尻の黒ずみがホルモンによるものであるならホルモンバランスの乱れが落ち着くことによって症状の改善も期待されますが、できるだけストレスを溜めないようにすることや生活習慣を正すことなどもホルモンのバランスを整えるには必要です。

ちなみにホルモンバランスが崩れることによって自律神経が乱れるといわれていますが、自律神経は体のバランスを保つための神経であり、これが乱れてしまうと体調不良の症状が見られることもあります。

また、自律神経が乱れることによってホルモンのバランスが乱れている可能性も十分に考えられるので対策を考える場合は要因が何かということを事前に調べた上での対策が必要です。